アイテム

自転車で音楽を聞くのにおすすめなイヤフォンまとめ

更新日:

自転車に乗りながら音楽を聞く様子
音楽を聞きながら風を切って自転車を漕ぐのは楽しい。

私はクラブ系の音楽を聞くのが大好きで、アフロジャックとかアビーチなどの海外DJの音楽を聞きながら河川敷のサイクリングロードで自転車を漕ぐと最高の気分だ。

今回はそんな私が自転車に乗りながら音楽を聴くことをおすすめする記事です。

スポンサーリンク

イヤフォンは違法になる可能性が高い

イヤフォンは周囲の音が聞こえないということで違法になる可能性が高い。2015年の6月から自転車の取り締まりが強化されたので2度捕まると3時間の講習と5700円の受講料を払う必要があることを考えるとあまり無駄に捕まりたくない。

周りの音が聞こえているオープン式のイヤフォンならどうだとか、片耳イヤフォンなら周りの音が聞こえるじゃないかとかいう意見もあるが結局捕まえるのはおまわりさんで、紛らわしい奴は問答無用に捕まえるというスタンスの場合はこういう理屈は通用しない可能性が高い。

ということでイヤフォンは捕まりたくなかったら使用しないのがいいだろう。

片耳だけなら捕まらない!

以前、交番の前で自転車でころんだ時、おまわりさんが寄ってきて大丈夫か!大丈夫ならいいけど両耳イヤフォンは違法だから片耳にしてね!と心配しながら注意されるという経験をした。

そう、イヤフォンをしていた私は違法だったので、そこで注意を食らったのであった…。ただ、その時言われた片耳にしてね!という言葉。片耳だったらいいんだ…ということである。

Amazonで調べると片耳イヤフォンという物がかなり沢山の種類売られていて、いろいろ選べるということがわかった。有線タイプもあれば完全ワイヤレスもあるので新しいタイプのスマホでも問題なくブルートゥースで接続できる。

もちろんマイク付きのモデルもたくさんあるので、ハンズフリーで会話することも可能だ。

参考Amazonで片耳イヤフォンを調べる

骨伝導式ヘッドフォンなら捕まらない!

骨伝導式のヘッドフォンがあるのをご存知だろうか?

これは耳にイヤフォンを突っ込むスタイルではなく耳の前に骨伝導のスピーカーを取り付けて振動を伝える形なので周囲の音が聞こえて音楽も楽しめるという優れたアイテム。

イヤフォンが禁止された現在、このタイプのヘッドフォンが今後どんどんと増えてくると思うが今はまだラインナップが少ないのがデメリット

更にデメリットを挙げると空気の振動ではなく骨への振動を伝える型式なので音質は低い。AMラジオを聞いているくらいのレベルである。ものにもよるが音量も低く交通量の多い場所では聞き取りづらいレベルの商品も多い。

耳の前に取り付けるタイプなので音漏れがかなり大きいのもデメリットの一つで周囲に人がいる場所では使いづらい。

それでもちゃんと音楽は聞けるのでどうしても自転車に乗りながら音楽を聞きたいという人にとってはかなりオススメのアイテムであることは間違いない。

ブルートゥースを使った製品ならコードが邪魔にならないのでオススメ!

自転車専用スピーカーで音楽を聞く

私の場合は自転車専用スピーカーに落ち着いた。自転車専用スピーカーならヘッドフォンの煩わしさから開放されて快適に音楽を聴くことが可能。

デメリットはもちろん周りに音楽が聞こえることなので弱虫ペダルの坂道くんみたいにアニソンをフルボリュームでかけてもなんともないようなメンタルは必要である。

まぁビッグスクーターで浜崎あゆみガンガン流してるヤンチャな兄さんもいるんだからクラブミュージックをガンガン流しても別になんとも思わない。

ただ、人が多いエリアを徐行しながら漕ぐ時とか人の多い交差点で停まってる時なんかは結構注目を浴びたりするのでそれなりに気にはなる。物珍しいというのもあるだろう。注目をあびることが大好きな人にはオススメなアイテムw

スマホのスピーカーを使って音楽を聴くのもいいが着メロ流しっぱなしみたいでなんかかっこ悪いので専用のスピーカーを購入することをおすすめしたい。

ドリンクホルダーに取り付けられるタイプが気軽でおすすめだ。音質も良好。

肩かけタイプのスピーカーもある

ネックスピーカーという肩に乗せて使うタイプのスピーカーも各社から発売されている。これなら耳を塞がないので自転車に乗りながら使うことが出来ると考えられる。

音質に関してもBOSEやSONYなどが作るネックスピーカーのレビュー欄は非常に満足という声が多い。価格は高価ではあるが音質にこだわるならこのタイプが一番だろう。

自転車で音楽を聞こうまとめ

自転車で音楽を聞くのはノリノリで漕げておすすめ!
でもイヤフォンだと捕まっちゃった時のダメージが急激にアップしたので出来れば自転車専用スピーカーや骨伝導のスピーカーを使うことをおすすめしたい。

ぶっちゃけオープン型のイヤフォンなら周囲の音が聞こえなくなることは無いし、それ禁止したらカーステレオも禁止じゃないの?って気もするが耳栓型イヤフォンとかごっついヘッドフォンとの線引きが難しいので多分全部イヤフォンは禁止というのが警察の考えだろう。

周囲の音が聞こえなくなるタイプのヘッドフォンはほんとうに危険なので絶対に止めましょう。カナル型とかいうタイプは耳栓になってしまうので音量を絞っても周りの音が殆ど聞こえない。超危険。

夏の必需品!モバイル扇風機
ウェアラブルスポーツファン、あなたの夏を涼しく
ハンドフリーヘッドホンデザインウェアラブルポータブルネックバンドミニ扇風機、旅行用屋外充電式USB
左右Wファンが涼しい。首掛けポータブルファン。

1

クロスバイクは買った時の状態だとなんかダサかったり、ちょっと乗りにくかったりするのでパーツを交換したりしてカスタムしてしてみたいという人は多いと思います。 このページではクロスバイクを買ってみたけどな ...

2

基本的にクロスバイクには前カゴがない。買い物の時など荷物をどうするかはクロスバイクやその他のスポーツサイクルに乗っている人にとっては悩みのひとつだろう。 今回はどうやって荷物運ぶのが良いか、自分の中で ...

3

クロスバイクを購入したら準備しないといけない物がたくさんある。 メンテナンススタンドだったりパンク対策の修理工具だったりと使っているうちに必ず必要になってくる。 今回はそんなクロスバイクを買った時、も ...

4

クロスバイクやロードバイクを保有しているものとして保管方法は重要なこと。 結構なお値段がする品物を家の前に置いておくとかすると盗難にあったり風雨によってダメージを負ったりすることまちがいなし。今回は自 ...

-アイテム

Copyright© クロスバイクの書 , 2019 AllRights Reserved.