クロスバイクに乗るのが大好きな男の備忘録的サイト

クロスバイクの書

イベント

草津ヒルクライム大会に出場してみた

更新日:

ヒルクライム草津イメージ
毎年多くの参加者が訪れる「ツールド草津」というヒルクライムイベント。白根山山頂への急な上り坂を走破する結構過酷なイベントながら参加者たちは多くがリピーターという魅力あふれるレースで非常にきれいな景色が楽しめる。
※2015年現在白根山の警戒レベルが上がり大会は中止となっている。詳細://www.tourde932.jp/

今回、草津のヒルクライム大会に出たのでその報告。

スポンサーリンク

16日の朝10時から前日受付に向かうために先輩達と上野を出発!

ヒルクライム草津イメージ1

12時半まで特急の旅を満喫。

途中高崎駅の手前で割と大きな地震により緊急停止!10分くらい停車したままだったけど問題なく長野原草津口の駅までたどり着けた。

昼ご飯を食べて会場まで自走・・・。

なんと、10キロほどの上り坂をヒルクライム前日なのに登るらしい・・・。先輩、坂好きだな・・・。

ちなみに、先輩は円高で激安になったパーツをイギリスから直輸入して日本で全部買ったら100万円くらいかかるところを70万円ほどで組んだ新車で今回の大会に参加。フルカーボンで6キロだってさ!

俺は鉄で出来たロングライド仕様のロードレーサー・・・。まぁしょうがないよね。貧乏なんだもん。ロードレーサー持ってるだけでも奇跡だよ。500円玉貯金でやっと買えたんだもん・・・。

で、気付いたのがビンディングシューズ忘れてたってこと!

ビンディングシューズはヒルクライムの際に足の裏側の筋肉を使えるので足が疲れにくいヒルクライム必須アイテムなのだ!

いいよ。俺は全部踏んで踏んで踏みまくってやるからさ!

て、ことで登り始めたけど5分で死にかけでコンビニへ直行w

先輩達はさっさと登って行っちゃいましたw

はっきり行って荷物6キロくらいをしょってジーパンで登る坂じゃない・・・ウェア着ておけばよかった・・・そして向かい風で道路は狭く、車も多く、ガタガタ道。

ちゅうわけで途中3回くらい休憩をはさんで進むも敢え無く両足のふくらはぎがこむら返りで激痛・・・。

死んだ・・・大会出る前に死んだ・・・。

もう普通に歩くのさえままならない状態に・・・。

でも、草津温泉パワーでだいぶ回復して大会へ何とか参加することが出来た。

ヒルクライム草津イメージ2
ヒルクライム草津イメージ3
ヒルクライム草津イメージ4

朝は-2度ですごく寒かったらしいけど、超快晴で気持ちのよい気温の中、スタート!

13キロの坂へ!

やっぱりきつい。どこまで行っても休むことの出来ない坂地獄!

途中までは林内を進むので景色は見れないけど段々開けてくる。

素晴しい絶景!たまらんね!景色見るだけでこんなに疲れが消えるもんなのかってくらい体が軽くなる!

ヒルクライム草津イメージ5

すごく硫黄が吹き出ているところがあったりして臭いけどそれもまた肌で地球の息吹を感じた気がしてまた力が満ち溢れる!

めちゃくちゃしんどかったけど、何とか足もつかないでゴールすることが出来た。

よくもまぁビンディングでもないのにこんなに踏めたなって思うけどそこはやっぱり景色のおかげが大きいと思う。この草津ヒルクライム大会が毎年リピーターが増えて2800人近くの参加者を要するようになった理由はゴールからの絶景に違いないね。

ヒルクライム草津イメージ6

下りも13キロ大自然の風を存分に浴びて最高に気持ちよかった!

大会終了後に大露天風呂を満喫して、草津観光も味わって本当にこの大会は出てよかったと思える最高の大会だった。来年も必ずエントリーしようと心に決めたのだった!

ヒルクライム草津イメージ8
ヒルクライム草津イメージ9

ちなみにフルカーボンの先輩は42分でクラス順位22位でした!私は1時間オーバーで200位くらい・・・。

-イベント

Copyright© クロスバイクの書 , 2018 AllRights Reserved.